副業をするか迷う?まずはサラリーマンが副業をするメリットを知ろう

当サイトの運営については、当サイトについてをご参照ください。なお、ページのコンテンツにはプロモーション(PR)が含まれる場合があります。

いきなり副業解禁って言われても… そもそもサラリーマンが副業するメリットとは!? 副業
この記事は約4分で読めます。

最近、サラリーマンの副業を解禁する会社が増えてきました。

これまで勤務先だけで働いてきたサラリーマンにとって、副業してもいいと言われても迷ってしまう方もいるかもしれません。

そこで、まずはサラリーマンが副業をするメリットについて知ったうえで、副業するか検討してみてはいかがでしょうか

サラリーマンが副業をするメリット

サラリーマンが副業をするメリットとしては、次のような点が挙げられます。

  • 収入減少の補填や収入アップ
  • 他業界の知識が深まる
  • 運動になる
  • 人脈が生まれる
  • 転職や起業の準備ができる
  • 税制面でのメリットがある

それぞれについて見ていきましょう。

収入減少の補填や収入アップ

働き方改革で残業が減るなど、収入減少で悩まれている方はいませんか。

残業が減ってゆとりの時間ができ、かつ賃金も上昇すればいいですが、賃金が上がらないと、残業が減る分収入が減ってしまいます。

残業しなくて良くなったゆとりの時間を使って副業を行えば、収入減少の補填ができるメリットが生まれます。

本業+副業で収入アップも目指せるので、収入を増やしたい方にもおすすめです。

他業界の知識が深まる

副業として、現在の勤務先の業界や業種、担当している職種とは異なる業界の仕事をした場合や自分が関わっている業界の仕事をしてみると、他業界の知識を深めることが可能です。

副業をしながら、本業の取引先の業界のことがわかるなど、本業に活かせる知識や対応力をつけることもできます。

運動になる

本業がデスクワークの方が、販売の仕事や配達の仕事など立ち仕事や動き回る仕事をすれば、運動になります。

体を動かすために、ウォーキングやジョギングなどをするより、収入が入る分、無駄なく時間を使えるのがメリットです。

人脈が生まれる

副業にはテレワークなど非対面で行う仕事もありますが、販売の仕事をはじめ、人と関わる仕事であれば、新たな交流が生まれます。

業種や職種によって人脈が築け、本業のビジネスや今後予定している起業に活かせることやプライベートで交流できる仲間ができるなど、人とのつながりを拡大することも可能です。

転職や起業の準備ができる

今の仕事や勤務先に満足しておらず、転職を希望されている方や将来起業したいと思っている時、いきなり退職するよりも、副業をしながら準備をするのがおすすめです。

転職のために興味がある業界や職種、別の企業などで副業して、自分との相性を確認することや現在の会社が実は働きやすい会社であると気づくこともできます。

起業を考えている方なら、その分野で副業したり、人脈を広げたり、起業資金を準備するのに役立ちます。

税制面でのメリットがある

税金は全ての人にとって悩みの種ですが、副業をすることで税制面で有利になる場合があります

通常、サラリーマンの給与所得は「年末調整」によって税務署に申告され、所得税が課税されます。

一方、個人事業主の事業所得や雑所得など給与所得以外の所得は、「確定申告」によって税務署に申告することになっています。

しかしサラリーマンが副業で収入を得た場合、年間20万円以下であれば「確定申告」が免除されています。

つまり、この部分の所得税は実質的に非課税になっている状態なのです。

また副業の規模が大きくなってきた場合は、「青色申告」を行うことで最大65万円の特別控除を受けられます。

税制面を意識しながら副業をすることで、節税効果を高めていくことが可能です。

まとめ

サラリーマンが副業をするメリットは収入減少の補填ができること、他業界の知識が深まること、内容によって運動になること、新たな人脈が生まれること、転職や起業の準備ができること、そして税制面でのメリットがあることです。

自分にとって副業が必要だと思ったら、ぜひチャレンジしてみましょう。

なお、「副業を始めてみたいけれどなかなか最初の一歩が踏み出せない」という方は、クラウドソーシングの利用がおすすめです。

興味のある方は、ぜひこちらの記事も併せてご覧ください。

副業
この記事を書いた人
自宅で起業なび編集部

「自宅で起業なび」編集部では、副業・起業・開業を成功させた経験を持つメンバーが、「手軽」に「小規模」から「頑張りすぎず」に起業するノウハウや、便利なサービス等の情報をご提供しています!

自宅で起業なび編集部をフォローする
この記事をシェアする
自宅で起業なび
タイトルとURLをコピーしました